私の一人暮らしは、ヘルパーに看護師に24時間誰かがいる山あり谷ありの毎日。
在宅生活での人々との出会い、日々の小さな温かさ、身近な暮らしを発信していきます。

11/10第22回車いすde伊勢神宮参拝プロジェクト

f:id:itocci1231:20191112213116j:plain

11/10第22回車いすde伊勢神宮参拝プロジェクト
初めて参加しました。

 

f:id:itocci1231:20191112213339j:plain
3人のボランティアチームと出発です。
後ろのお姉さんは何度か経験があるとのこと。 安定感抜群でした。
前の二人は高校1年生。同じクラスメイトで 力強さを感じます。
3人のチームからは連帯感を感じました。

 砂利道は前輪が沈みなかなか前に進みません。
そこで前輪を上げてウィリー状態で移動しました。
振動もなくなり神社の参道を快適に進むことができました。

 

f:id:itocci1231:20191112213524j:plain
オレンジのコアリーダーさんが所々ガイドしてくれます。
説明も聞きやすく、そのまま通り過ぎてしまいそうなところにも、成り立ちや意味合いに気づくことができました。

 

f:id:itocci1231:20191112213727j:plain

f:id:itocci1231:20191112213751j:plain
ボランティアチームとお友達と記念写真です。
車椅子が大きくてみんなで抱えてもらって階段を上りました。
正宮では無事生活ができている感謝の気持ちを伝えました。
荒祭宮ではこれからも人に恵まれますことをお願いしてきました。
感動的な参拝でした 。


この後コアリーダーの方に外宮参拝のガイドもお願いしました。
お付き合いいただきとても助かりました、
一緒に参拝に行った友人、ボランティアの皆様に感謝です。

f:id:itocci1231:20191112213859j:plain


このプロジェクトは 外宮は3月。内宮は6月と11月。
年3回行なっているそうです。
障害を持ったかたでも参拝できるチャンスがあります。

松阪牛メンチカツ

f:id:itocci1231:20191101200405j:plain


小学校の 出会い授業に行く途中。
朝日屋で松阪牛メンチカツを買った。
自分に対するご褒美。
もう中身はハンバーグだ。
ミキサーにかけると、松阪牛と揚げ物の香りで、部屋中幸せに包まれた。
ごちそうさまでした。

shiratuka.hatenablog.jp

父親へのプレゼントに牛肉買いに行ったのは懐かしい。
気がつけばもう4年が経過する。
時間が経過するのは恐ろしく早い。

出会い学習 養正小学校

f:id:itocci1231:20190831210041j:plain

5年 人権学習 伊藤さんとの出会い 10/31 - s-yosei

障害者になった時の気持ち。
出会いの大切さ。
僕の自立の考え方。
生活の様子。
生活の楽しみ。
色々と話をした。
終わってから質問攻めでびっくりしました。
・今まで助けてもらったで、一番感謝している人は誰ですか???
・今どんな仕事がしたいですか???
この二つが一番強烈だった。
質問の多さが何より嬉しかった。

学校でトイレを借りた。トイレの扉を開けるとき、掃除中の男の子は誰に頼まれることもなくドアを開けててくれた。
自分が小学生の時、扉を開けることはできなかった。 そう思ったら胸が熱くなった。

帰りのバスに乗る時、授業で話を聞いてくれた男の子二人が、歩道橋からそっと見送ってくれた。
暗いニュースが多い中、未来は明るいと感じる瞬間だった。

この学習での出会いと体験に感謝です。

 

10/22.千代寿司

f:id:itocci1231:20191025201816j:plain

近鉄富田駅を降りて母の実家に行く時、お土産を求めセブンイレブンに立ち寄ります。
道の途中で見かける小さなお寿司屋さん。
いつもシャッターが閉まっているため、閉店していると思っていました。
母の担当者会議に出席する前、お店が開いているのを発見し立ち寄りました。
お店は車椅子でもすんなり入れました。
お店を営んでいたのは高齢のご夫婦と娘さん、とても親切な対応でした。シャッターが閉まっていたのは、単純に通りかかる時間帯が早いだけでした。
事前に連絡いただければ早い時間でも対応します。とのこと。 ありがたいです。

また訪れたいお店でした。

母のお土産に並寿司を持ち帰りました。
母はとても美味しいと大喜び。
ランチメニューが格安でとても気になります。
自分が食べられないのがとても残念です。
なぜもっと早く気がつかなかったのか???自分が悔しいです。

10/22.母の担当者会議。

2年に1度の担当者会議。
雨が予想されましたが晴天でとても気持ちがいいです。
体調は整っているし、富田まで足を運び出席できることが嬉しい
世の中は即位礼正殿の儀が行われ、テレビでは朝から報道している。
関係者には祝日の中、集まっていただいたことに感謝。

方針として母親の意見を尊重すること。
困っていることやりたいことは支援する。
本人が望まないことは強制しないことを確認。

デイサービスを週2回から 月曜、火曜、金曜の3回に変更。
デイサービスにて2ヶ月に1回美容室を利用すること。
食品の賞味期限が経過していても、アナウンスは必要だが廃棄しないこと。
通院介助、買い物、金銭文章管理、は現状維持変わりなし。


スタッフの皆さん愛されていることを確認して一安心。
認知は進んでいるも、まだまだ自分でできることもある。
出来る限り在宅生活が続くことを祈って会議を終えた。

在宅医療の連携

10月より、毎週木曜日2時から3時まで、訪問看護ステーションよつ葉から訪問リハビリを受けている。
その時間帯に訪問看護ステーションワークスとデューン四日市訪問看護師に同席いただいて理学療法士の指導を受けて頂くことになった。
訪問看護師に理学療法士の知識と技術を得ることで、より健やかな毎日を過ごせることに繋がると思う。
日程は10月24日、11月7日にうまく日程調整ができた。
とても楽しみ。

おそらく、多分、きっと、訪問看護師が同席をしても点数がつかない。
そんな中、時間を調整して集まってくれる訪問看護ステーションに感謝。